ネットカジノの違法問題について

ネットカジノは違法ではなく合法とされています。
もちろん細かい話をするのであれば、誰かがネットカジノに関して裁判を起こし、裁判長の判決を待たなければなりません。
それまでは違法か合法かが議論されるのも仕方ない部分ではありますが、法律的な解釈とすれば、カジノやギャンブルが違法ではない、合法な国の業者が合法な国のサーバーで営業する分には何の問題もありません。
そもそもこれは日本の法律の適用範囲外の問題です。

しかし、インターネットという環境が日本にいながらにして海外のサービスを利用できることで生じた問題と考えることもできるのですが、基本的な解釈はサーバー設置国の法律に基づくものなのでネットカジノは違法ではないと考えることができます。

なぜネットカジノが違法だと囁かれているのか

なぜネットカジノが違法だと囁かれているのか

ネットカジノが違法だと囁かれている理由として、ネットカジノに関するネガティブな情報が断片的に伝わってしまっている部分が挙げられます。

例えばネットカジノの利用者が逮捕されたことがあります。
これをもって「違法だ」と主張する人もいますが、逮捕=違法とは言い切れません。
逮捕は疑わしいからのものであって、違法か否かが決まるのはその後起訴を経て裁判にて違法だと裁判長に判断された時です。

しかし、ネットカジノにて逮捕された利用者は3名います。
そのうちの2名は略式起訴でした。

これは違法だと判断されたというよりも、そこまで重い罪ではなく、かついつまでも拘束されるのが面倒とのことで、罰金を支払うから釈放してくれという意味合いのもの。
そのため、厳密には違法だと判断することはできません。

しかし、残りの1名に関しては略式起訴に応じず、裁判を望んだのです。
ネットカジノは前例がないので違法なのか合法なのかの判断が曖昧なのですが、裁判を望んだものの、結局は不起訴処分となり、裁判に進展することはありませんでした。
略式起訴を選択した2名も、不起訴処分になると分かっていれば略式起訴を選択していなかった可能性もあるでしょう。

なぜ不起訴なのかに鍵がある

なぜ不起訴なのかに鍵がある

不起訴となった点こそ、ネットカジノが違法ではないとする根拠になっています。
それは、ネットカジノを行って、利用者だけ逮捕・起訴されるのはおかしいという理論です。

仮にネットカジノが違法だとするのであれば、利用者だけではなく、その提供者、つまりはネットカジノの業者も逮捕されなければおかしいという法解釈です。
この点に関しては、ネットカジノの業者が日本で営業していれば逮捕できるでしょう。

しかし合法な国・地域で営業しているネットカジノ業者を、「日本では違法だから」と検挙することはできません。
むしろこれがまかり通るようであれば、法律の異なる国家間同士でいくらでも逮捕できてしまいます。

確かに日本の法律ではギャンブルは違法です。
しかし、賭博行為に関しては利用者だけではなく、胴元にも罰則があります。
つまり、プレイヤーだけが逮捕されるのはおかしいのです。

さらには国家間では法律が異なります。
文化・風習等が異なりますので当然の話ですが、その差異を無視して「自国では違法だから」と他の国に乗り込んで逮捕することなどできません。
これらの点からも、ネットカジノは違法ではないことが分かります。

噂には尾ひれがつくもの

ネットカジノが違法だとする声の一つに、先の逮捕の際、それまでネットカジノを利用する際に多くのプレイヤーが利用していた出金サービスであるネッテラーが日本国内から撤退してしまいました。
ネッテラー撤退の理由については公式にアナウンスされていませんが、逮捕された時期と撤退した時期が重なったことから、「やはりネットカジノは違法だ」「これからネットカジノは違法で逮捕者が増えるのでは」などと噂されました。

もちろんこれらは噂であって、真実は先にもお伝えしたように、不起訴処分。
噂というのは正しい形では無く、恣意的に伝えられてしまいますので、逮捕されたこと、そしてネッテラー撤退から、ネットカジノが違法だと喧伝する人もいるのですが、実際には違法ではありません。

ネットカジノは違法ではないので心配無用

ネットカジノは違法ではないので心配無用

ネットカジノがなぜ違法だと噂されているのか、そしてその真実について紹介しました。
これらを知れば、ネットカジノが決して違法ではないことに気付かされるのではないでしょうか。

また、付け加えるのであれば一度不起訴処分となった2016年以降、逮捕者は出ていません。
この事実を整理すると、ネットカジノが違法だとする主張こそ無理があると分かるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です