ワンペアで元手を取り返せるタイプを選ぼう

ワンペアで元手が取り返せるようなタイプであれば、安心してビデオポーカーを続けることが出来ると言えます。何故ならワンペアが出来る確率が40%くらいあるからです。特にジャックオアベターに関しては、11以上のワンペアであればお金が増えていきます。少しでもビデオポーカーで勝ちたいと思っているなら、ワンペアでも損をしないタイプを選びたいものです。

ワンペアで元手を取り返せるタイプを選ぼう

ワンペアが役とならないビデオポーカーもある

ワンペアは、約として成立していないものと判断されやすく、ビデオポーカーの中にはそもそも役に入っていません。ツーペアやスリーカードでようやくお金を出してくれるものだと、的中率は大幅に下がってしまいます。デューシーズワイルドのように、ワイルドカードを活用できるビデオポーカーなら当たりやすいですが、ワイルドカードを使うビデオポーカーは配当が安くなります。
ジャックオアベターで勝ちたいと思っているなら、11以上のワンペアを積極的に狙ってください。ワンペアくらいなら、11以上でも結構頻発します。高いワンペアを作っていくことで、収入を得られるようになっていくと、ビデオポーカーを継続してプレイできるようになります。

ビデオポーカーでは10以下のワンペアは厳禁

10以下のワンペアは、どのビデオポーカーでもハズレ扱いになります。11以上であれば、ジャックオアベターに関しては的中扱いとなりますので、ある程度続けやすくなります。ビデオポーカーをプレイしている場合には、10以下のワンペアをあまり作らないようにしてください。作る場合にはフルハウスを狙うことを前提にします。
勝ちたいと思っているなら、常に11以上のワンペアを作るようにして、数字を残していくのが大事です。ワンペアが作れないような状況なら、ストレートに切り替えて考えていくと、意外と勝ちやすい傾向も出てきます。

ワイルドカード有りのビデオポーカーなら他の役も

ワイルドカード有りのビデオポーカーなら他の役も

ワイルドカードを活用できるビデオポーカーの場合、ツーペア以上じゃないと的中扱いになりません。そこでツーペア以上作れるような方法か、スリーカードを得られるような形で交換してください。
ジャックオアベターには、ジョーカーが搭載されていないので、ワイルドカードによる利便性は得られません。だからこそ11以上のワンペアをベースとしながら、フルハウスなどの大型役を狙う形にしているのです。ジャックオアベター以外なら、どんどん大きな役を狙いましょう。